特定非営利活動法人Kacotam > メンバーになる

メンバーになる

募集要項参加状況・参加例メンバーの声

募集要項

子どもたちと明るく関わってくれる10代~30代の方で、カコタムメンバーを募集しています。

週1回程度の支援では、教えられることは限られています。勉強の内容そのものよりも、勉強の仕方や問題の考え方等を教えたり、単語の小テストをやるから覚えてきてねと暗記のきっかけをつくったり、この人がいるんだから頑張ろうと思ってもらえるように真剣に関わっています。
「もっと、勉強を教えてほしい。できるようになりたい」
「何のために勉強しているか、わからない」
「また、来週も来てくれて、話をしてくれるのかな」
「高校に行きたいけど、勉強ってどうやってすれば良いんだろう」

子どもたちの「今」に寄り添って、応援してくれるメンバーを募集しています。

お問い合わせはこちら


参加状況・参加例

【参加大学】(順不同)
・藤女子大学
・北海道大学
・北海道医療大学
・北星学園大学
・札幌国際大学
・北海道教育大学
・北海学園大学
・北翔大学

【社会人】
・一般企業 事務、営業
・大学事務
・SE
・公務員

【参加拠点】
参加できる拠点の場所や時間についてはこちら


メンバーの声

活動に参加する前に感じていたこと
活動を始める前は、自分がカコタムに来る子どもたちと上手く交流ができるか不安でした。しかし、参加している子どもたちはとてもフレンドリーで、勉強のことだけでなく家の話や学校の話までしてくれて、今は毎回楽しく参加させていただいています。
参加する前は勉強をわかりやすく子どもに教えられるのかが、とても不安でした。でも、実際に教えてみるとそれらの不安はすぐに消えました。なぜなら、カコタムは「わからない問題はわからないと言う。その時は、子どもと一緒に考えたり、他のメンバーに頼ったりしても良い」というスタンスで行っているからです。今となっては、カコタムの活動が毎回楽しみで仕方ないです。「大学での1日が終わると、次の日は待ちに待ったカコタム!」という感じで活動しています。
仕事や学業との兼ね合い
大学の課題は量が多く、また、家庭教師のアルバイトもしているのでそれなりに忙しい日々を送っています。しかし、カコタムは自分が行けるときに行って大丈夫なので、テスト前など忙しい時は休んでいます。大学の課題がない時期は週4回行くこともありますが、課題があると週1~2回位になります。
平日は仕事をしていますが、いろいろな拠点があるので、都合が合うときに行けるところに行っています。必ずしも毎回参加しなければならないわけではないのがいいです。でも、子どもたちに「なんで前回いなかったの〜?」と聞かれると、ちょっと嬉しくて、また来ようと思えます。
メンバーになるか迷っている人に一言!
カコタムのメンバーに加わって、普段関わることのない大学生や社会人、また小中高校生まで様々な人たちとの交流ができます。その人たちからは、普段学べない色んなこと学ぶことができます。少しでも興味があればぜひメンバーになってみてはいかがでしょうか?きっと自分にとっていい経験になると思います!
勉強なんて忘れてしまった、本当に教えられるだろうか、と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、いかに子どもたちに寄り添えるかのほうが大切なのかなと思っています。それは子どもたちと少し歳が離れていても、勉強ができなくても、できることなので、あまり気負わず参加してみていただきたいです。

▲研修の様子


© 2012 特定非営利活動法人Kacotam


TOP