特定非営利活動法人Kacotam > 学習支援事業実績 > 【月めぐりレポート】12月L-base

2018/1/21

【月めぐりレポート】12月L-base

札幌市外にある唯一のスタサポ事業拠点で、『こどもたちの学ぶ秘密基地』をテーマに苫小牧市内の高校生ボランティアと一緒に活動しています。

 

2017年を締めくくるのは、「お菓子タイムSPECIALクリスマスパーティー」。

今年は、『お菓子を使ってはじけよう』をテーマに、2つのメニューで盛り上げました。

●【シュークリームdeクリスマスツリー】
文字通り、お菓子のプチシューと生クリームを使って、ツリーを作りました。(料理の正式名称はクロカンブッシュ)

最後にこどもたちと一緒に、グミとコアラのマーチ、イチゴで作ったサンタとマシュマロで作った雪だるまをデコレーションして、素敵なクリスマスツリーを作り上げました。

●【フルーツパンチスパークリング】
ベースはフルーツポンチ。

でも、特別なのは、フルーツポンチの器の中にシャンメリーを置きラムネを投入して、噴水のようにSparkling!!

ラムネを入れるときのこどもたち、ドキドキ楽しみました。

 

 

学習面では、今年も中学3年生のこどもが新たにL-baseに参加。

『数学と理科が苦手で何とかしたい!』とのことで、苦手分野を中心に入試対策に取り組みます。

・【公立高校入試の数学の問題の半分=図形問題】
・【物理分野が出題されるだけで、その年の入試の理科は難問とされる】

これを踏まえ、特別講座を実施中です。

今年もL-baseは、全力で受験生を応援します!

© 2012 特定非営利活動法人Kacotam


TOP