認定NPO法人Kacotam > 講演実績

講演実績

PyCon JP 2019( https://pycon.jp/2019/sessions )のポスターセッションにて、「Djangoで業務改善 〜子どもの福祉・教育に関わるNPOでの挑戦〜」という発表を行いました。 煩雑になりがちな出欠の管理や活動記録などを、独自開発のポータルシステムを利用することで、効率良く進められるようになったことなどを紹介しました。 2019年4月には、札幌市より認定NPO法人として認定され、寄付金に関わる証明…

藤女子大学未来共創フォーラム2018秋、第4回「女性の生きづらさと社会的支援~さまざまな居場所づくりの実践~」にて、ボランティアメンバーの高野が登壇者のひとりとして発表いたしました。 スタサポと学ボラの活動の紹介、生きづらさはどこから来るのか、学習支援で大事にしているものについてお話させていただきました。   あるキーワードを使ってお話したのですが、アンケートや感想でキーワードについて言及して、自分もそれを大事にしたいと思うと…

  7月13日北海道文教大学 子ども発達学科「保育原理」という約90名が履修している授業のなかで、代表高橋が「子ども・子育て支援について~学びの場づくりを通して~」というテーマで学習支援活動について発表しました。   「『勉強』という学習支援のイメージが変わりました」 「分からないことを分からないと言える環境が素敵だなと思いました。」 「Kacotamに文教大も手を組んで、私も参加したいです!」… などの…

  6月29日酪農学園大学にて、約140名の学生(1年生)が履修している教職入門の授業のなかで、代表高橋が活動の背景や学習支援活動について発表をしました。  

6月27日北星学園大学の杉岡先生のご協力により、代表高橋が「コミュニティ論」授業のなかで、活動するきっかけや活動内容について発表をしました。 カコタム存在や子どもの現状について知らないという学生がほとんどでした。今回の話を受けて、何か1つ行動が生まれるきっかけとなれば嬉しいです。

6月26日に当団体アドバイザーの平野先生の協力により、北海道教育大学札幌校の「アカデミックスキル」の授業で代表高橋が講演しました。 2017年度の活動のなかから、特に子どもが抱えた課題や学習支援活動について発表しました。   また、お昼休みの別室で、3年生~4年生数名が集まり、上記同様の活動紹介をしました。 その数名の参加者には、3年前くらいに授業で活動紹介をしたときに履修していた学生もいました。

6月25日酪農学園大学にて、約120名の学生が履修している生徒進路指導論の授業の一環として、代表高橋が活動の背景や学習支援活動について発表をしました。

6月21日に北海道科学大学の「プロジェクトスキル」の授業で代表高橋が学習支援活動やNPOの運営を踏まえながら講演をしました。  

6月15日に株式会社朝日工業社 北海道支店様の安全大会 特別講話で、代表高橋が「子どもの『やりたい』をカタチにする学びの場づくり」というテーマで講演しました。

北海道大学主催の子どもの貧困フォーラムにパネリストとして登壇しました。

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP