特定非営利活動法人Kacotam > 学習支援事業実績

学習支援事業実績

スタサポ事業で関わっている中学1年生のA君と進路の話をしていく中で、「微生物の勉強がしたい」という声があったことから、A君と森川研究室(北海道大学)を訪問しました。   まずは、森川先生から微生物に関する全般的なことや、研究室で今取り組んでいる研究テーマについての話を聞きました。身近なことを出発点に、研究室で取り組まれている高度な内容へと、分かりやすく説明をしていただけ、A君は目を輝かせて話に聞き入っていました。 その後には、…

札幌市北区にある児童養護施設「柏葉荘」と協働で子どもの学びの場づくりを開始しました。 主にひとり親家庭・保護者が病気の家庭・生活保護世帯の家庭の子どもを対象に、施設を会場として、家庭支援を含めた学習支援を行います。 学習支援はKacotam、家庭支援は柏葉荘が行っていきます。 2019年3月まで月1回ずつ実施し、少しずつ頻度を増やしてく予定です。   <曜日・時間帯> 第4水曜日:18時半~20時半 <対象> 小学生1年生~高…

  11月11日にプログラミング体験会を実施し、小中学生4名が参加しました。 アルゴリズムとはどういうものかをアプリを使いながら学んだり、ラズベリーパイを活用して電子工作をしたりしました。 自分で組んだ回路をscratchのプログラムによって、LEDの点灯が制御されるのを見た瞬間、「おおー」という歓声があがりました。     今日の体験会には、「プログラミング」や「アルゴリズム」というよりも「電子工作」に興…

2017年4月より「継続的に『好き』『興味』を深められる場」として「カコタ部」の活動を開始しました。 軽音部、イラストサークル、写真部を立ち上げ、好きなことを周りの環境によって行動に移すことができなかったり、継続していくことができなかったりする子どもが集まりました。 カコタ部に参加していくなかで、学校の友人とバンドを組んだり、学校や他団体の活動で出かけた先や友人と出かけた先で写真を撮ったりと少しずつKacotam以外のところで、好きなこ…

  子どもたちの「自分が大事にされる居場所」を目指して2016年11月に札幌市東区に開設したゆるきちでは、スタサポ事業の拠点の1つとして、毎週金曜日に学習支援を行っています。   10月のとある日、中学生から高校生までの3人の子どもと、メンバーが一人ずつつき、一緒に学習することができました。 学校の宿題をもくもくと進めたり、数学の公式についてメンバーに訪ねたりする姿が見えました。 休憩時間の軽食タイムでは、おにぎりと…

11月4日に子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクト「オリジナル定規を作ろう」を実施しました。普段学習を通して関わっていくなかで、「文房具が好き」という子どもが数名いたことから、企画実施に至りました。 イラストレーターを使いながら、好きなバスの画像を入れたり、マークを入れたりして、定規のデザインをしていきました。その後レーザーカッターで切削し、完成させました。定規づくりを通して、日常的に使っている定規ができる工程やものづくりの大変…

  学習支援と併せて藤女子大学隈元ゼミの学生による食事提供を行っている、へるすたでぃ報告です。   1日土曜日。 9月はへるすたでぃ拠点から活動スタートです。 小学生3名、中学生3名が参加しました。 夏休みが終わり、小学生は各々の学習をし、中学生は定期テストに向けて学習をしています。 お菓子タイムでは、久しぶりに参加した小学生からダンスの様子を写真で見せてもらったり、中学3年生の子どもから道コン(模試)の結果をみせて…

  9月30日に日本ハムファイターズが好きな子ども、保護者とともに球場見学に行ってきました。 小学生~高校生10名、保護者5名が集まりました。 「〇〇選手だ!」と好きな選手が現れると前のめりになりながら、練習風景を見ていたり、写真を撮ったりしていました。     【子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとは】 学習支援を通した関わりの中で、子どもの「やりたい」という声を聞いたり、潜在的に秘められた「…

  子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、9月24日に「星空☆大撮影会」を実施しました。 「写真を撮ることが好き」、「星が好き」という声があったことから、様々な国々で星の撮影をされているてつやさんに来ていただきました。     今までに撮影した月や惑星の解説、星の撮り方をレクチャーしていただきました。 当日はあいにくの曇りでしたが、ときどき姿を現す月を撮りに、ゆるきち近くの公園に行きました。…

  9月23日に札幌ビューティーアート専門学校にご協力いただき、メイク体験をしました。 メイクが好きな高校生のAさんと訪問し、プロから1対1で「立体小顔メイク」を教わりました。 メイク実習室に入ったときにたくさんの化粧品にAさんは興奮し、どれにしようか迷いながら、メイクに使用する化粧品を選んでいました。     「まゆから、鼻筋にかけていれると良いね」と実際に化粧をしながら教わり、普段使わない道具に苦戦しな…

© 2012 特定非営利活動法人Kacotam


TOP