認定NPO法人Kacotam > 視野が広がる環境づくり

カタチ化プロジェクト

中高生のオープンスペースゆるきちにて、「GWにやった1日勉強合宿をまたやりたい」という子どもの声を受けて、ゆるきち秋の勉強会を開催しました。  子ども3名、メンバー7名(内2名はZoomでのオンライン)が参加し、主に自習形式で各々が学習に取り組みました。  数学検定にむけた勉強をする子、簿記検定に向けて勉強する子、入試に向けて勉強する子、国家試験や就職試験に向けて勉強するメンバーなどなど、それぞれがそれぞれの学習に取り組みました。  基…

中高生のオープンスペースゆるきちにて、「夏だし、スイカ割りがしたい!」という子どもの声を受けて、夏の終わりが見えてきた8月末に スイカ割り を行いました。  ゆるきちのリビングのものを片付け、ビニールシートや段ボールを敷いて、リビングは、臨時のスイカ割り会場になりました。  スイカ割りらしい長い棒がなく、室内だったこともあり、短いすりこぎ棒など代替のもので挑戦! 「みぎ、みぎ、みぎー!あー、もうすこし左」  「いや、まえ、まえ、まえ」「…

高校生Aくんからの「いっぱい卓球をしたい!」という声を受けて、子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクト「卓球をしよう」を実施しました。 感染対策に気を使いながらの実施となったため、子ども1人、メンバー2人という少人数での実施となりましたが、13時から17時まで心ゆくまで卓球を楽しみました。 初めは軽い打ち合いを主に行っていましたが、企画が進むにつれて元卓球部のメンバーに話を聞きながら、いろいろなプレイの仕方を試し、楽しそうに卓球を…

スタサポで関わる小学生のAさんから「お母さんのために飾りをつけたクッキーをつくりたい」という声を受けて、子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、アイシングクッキーに挑戦しました。 最初どのようなクッキーを作りたいのかをホワイトボードに描きながら、使う色やデザインを考え、色づくりから開始。 思っていた以上に色づくりに苦戦しましたが、必要な色をそろえて、デコレーション用のクッキーにイメージしていたものを落とし込んでいきました。…

学ボラで関わる高校3年生のAさんとともに、フラワーデザインについて聞きに行きました。 フローリスト彩花様にご協力いただき、一日の仕事の流れやブライダルのフラワーデザインをするために必要なことなどを聞きました。 今回話を聞いて、考えることも増えましたが、進路を決定する上で、新たな視点を得たようでした。 【お仕事カコタムとは】就きたい職業や興味のある職業の社会人にインタビューをして、その職業について具体的なイメージをもつきっかけをつくろうと…

昨年の晩夏に理学療法士として働く方、理学療法士を目指す学生からお話を聞いていた子から、隣接職種の柔道整復師の方からもお話を聞いてみたいとのリクエストを受け、柔道整復師の方からお話を伺う機会を設けました。  唐牛先生(厚別おおやち整骨院 院長)から、理学療法士・作業療法士・鍼灸師・柔道整復師の違いのみならず、大学か専門学校か、どうやって学校を選んだらいいか、それらの資格を取ってから実務をベースに挑戦するといい資格についてなどを教えていただ…

あうるねっと(オンラインによる学習支援)で関わる高校3年生の子の「自動車開発に関わる仕事に就きたい」という声を受け、大手自動車メーカーで開発者として働いている方からお話を伺う機会を設けました。  質問に対して事前にドキュメント形式で回答を頂き、それをもとに当日のお話を進めました。 「自動車開発ではどのような人材が必要とされていますか」といった専攻を決めていくための質問や「最近の車の動力源の傾向を知りたいです。電気がメインになるのか?それ…

「自転車で遠出したい!」というA君(高校生)の声を受けて、中高生のオープンスペースゆるきち から ノースサファリサッポロへの 往復70kmほどのコースを走りました。  今回は、子ども(ロードバイク)1名、メンバー(クロスバイク・ロードバイク)3名の少人数で挑みました。 当日は風が強く、特に豊平川河川敷では逆風でしたが、風にも負けずA君は先頭でぐんぐん進んで行きました。  A君とは、体験カコタム「自転車ではまなすの丘公園へ行こう」を始まり…

獣医を目指している高校生のA君と札幌市円山動物園の獣医の方に、担当メンバーとともに伺いました。様々な動物の標本や手術室にあるものの説明を受けたり、獣医になるまでの経緯、動物園の獣医としての役割などをお話していただいたりしました。 A君はとても緊張していましたが、事前に考えていた質問をしながら、動物園と動物病院の獣医の違いや開業医の現実を知り、今まで以上に学習意欲が高まっている様子でした。 <札幌市円山動物園>https://www.ci…

アイスを製造する機械に関心を持っていた小学2年生のA君、Bさんから「アイスを作りたい」という声を受けて、4月6日のあすかの森拠点の学習前に、アイスづくりを行いました。 袋の中に牛乳や氷などを入れて、10分くらいみんなで振り続けて、アイスを完成させました。Bさんはお家から様々なトッピングを持ってきて、飾りつけをしていました。 その後の学習タイムでは、いつもよりも静かで皆集中して学習に取り組んでいました。

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP