認定NPO法人Kacotam > 視野が広がる環境づくり

カタチ化プロジェクト

体験カコタム「自転車ではまなすの丘公園へ行こう」(https://kacotam.com/2679)に参加したA君(高校2年生)の「もっとスピード出して走りたい!」「長い距離走りたい!」との声を受け、総距離84km・高低差90mのサイクリングを実施しました。  今回は、子ども(ロードバイク)1名、メンバー(クロスバイク・ロードバイク)3名の少人数で挑みました。 中高生のオープンスペースゆるきち(札幌市東区北25条東6丁目)を朝9時半頃出…

スタサポを利用している子どもからTRPGに興味があるという話があり、経験者である高校生のAさんの「じゃあカコタムのみんなでやってみよう!」という提案から、先日ゆるきちにてTRPGをプレイしました。  TRPGとは、テーブルトークRPGのこと。ゲーム機やパソコンを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を使って人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ対話型のRPG(ロールプレイングゲーム)です。  経験者のAさんが、KP(…

高校2年生のA君からの「出汁とお肉の最適な組み合わせを確かめたい!」という声を受けて、親子丼研究会を開きました。  当日はスーパーでの買い出しからスタートしました。 事前に一人前の分量を計算してくれていたので、24人前に必要な食材をボランティアスタッフと一緒に確認しながら購入しました。  買い出しを終えて、いざ実験開始です。 まずは24通りの親子丼の情報をホワイトボードに書き出して、みんなに共有してもらいました。 出汁は、鰹一番出汁、鰹…

普段、エルプラザ拠点にて不定期に実施している「カコタイム」を、オンラインにて実施する「オンラインカコタイム」の取り組みがスタートしました。 様々なメンバーが、自分の興味のあることや紹介したい内容、子どもたちに伝えたいことなどを、動画にして配信しています。 各メンバーが自宅で動画を撮影し、YouTubeの限定公開機能を活用して、Kacotamを利用している子どもたちに向けて配信をしています。  「少しでも旅をしている気分を味わって欲しい」…

2月15日エルプラザ拠点活動時に、カコタイム「まんがの楽しみ方」を開催しました。 スピーカーは、学生時代に漫画を研究対象にしていたというメンバーで、注目ポイントとして①有名な絵画との共通点を探すこと、②モノローグ、の2点を挙げて、自分流の漫画の楽しみ方を解説してくれました。  馴染み深い作品を例に、軽妙なトークで語られる「まんがの楽しみ方」を、みんな大いに楽しみ、笑い声の絶えないカコタイムとなりました。  カコタイムの最後にあった、「役…

2月、中高生のオープンスペース ゆるきち にて、特別イベントとして、リアル謎解きゲーム「ゆるきちからの脱出」を開催しました。 この日限りの「謎が隠された密室」に変貌したゆるきちにて、興味を持ってくれた中学生~高校生4人が参加しました。制限時間内に館内の至る所に仕掛けられた謎を解かねばならず、はじめは苦戦していましたが、次第に要領をつかんできて、協力しながら謎解きに挑戦していました。ひらめきや論理的思考、コミュニケーション力を駆使しながら…

「皆で運動をしたい!」という高校3年生のAさんの声を受けて、カタチ化企画「冬のカコタム大運動会!」を2月に実施しました。ボランティアメンバーと小学生4年生〜高校3年生までの子どもが集まり、合計で20人での実施となりました。 しっぽとり、ポートボール、ドッジボールを行いました。球技中心の運動会ということで、メンバーと子どもがチームを組み、一緒に楽しそうに汗を流している姿が印象的でした。また、今回の運動会では、Aさんや他の子が企画の事前準備…

2月23日に藤女子大学の学生メンバーが中心となって、「お菓子づくりに挑戦しよう」企画を実施しました。 小学生5名が参加しました。カップケーキやプリン、スィートポテトをみんなで作りました。 3時間と長丁場でしたが、皆集中してお菓子作りに取り組み、特にカップケーキのデコレーションには、力を入れていました。 「1つはママのために持って帰る」と、母親のためにつくっている子どももいました。最近、カタチ化企画でお菓子作りをしていたAさんは、慣れた手…

琴似会館に参加している小学生姉妹からの「パフェを作ってみたい」「クレープを作ってみたい」という声を受けて、パフェとクレープを作る企画を実施しました。 小学生4名、高校生1名が参加しました。 小学生姉妹二人とのスーパーでの買い出しから企画がスタートしました。 材料探しや、袋詰めなど二人で協力してしっかりとお買い物をすることができました。 買い出しから戻った後は、フルーツを切る人やクリームを作る人など参加した料理の得意な高校生の男の子の力を…

1/25のエルプラザ拠点の活動で、カコタイム「同性婚について」を実施しました。 ボランティアメンバーの一人が、「なぜ同性婚を認める法律をつくるべきなのか」を憲法で定められている誰もが持っている「権利」を踏まえて話しました。 憲法や法律、条例の違いといった少し難しい部分も図を使って説明され、難しい話題ではあるものの、子どもは真剣な表情で聞いていました。  (カコタイムとは)ボランティアメンバーや外部講師がそれぞれの特技や関心を活かした発表…

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP