認定NPO法人Kacotam > 視野が広がる環境づくり

カタチ化プロジェクト

5月27日に子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、「ペンを訪ねて三千里」企画を実施しました。 昨年度実施した「ジェットストリームは、なぜ書きやすいのか」に続き、今回はぺんてる株式会社様のご協力により「orenzはなぜ折れないのか」を中心にシャーペンの歴史や仕組み、新商品についてお話をしていただきました。 また、クレヨンとパステル、製図用のシャーペンと普通のシャーペンの違い、新商品の「orenznero」の裏話など、文房具…

普段の関わりのなかで「生き物が好き」と数人の子どもたちから声があり、子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトの前段階として、5月21日ゆるきちで「いきものがたり」を実施しました。 「いきものがたり」と名付けたこのイベントでは、2つのグループに分かれて、複数の生き物を一定の条件で分類し、どのような条件で分類したのかをお互いに当て合うゲームを行いました。 「心臓の作りで分類した」「光を感じるか感じないかで分類した」など、答えが出たとき…

今年初めての子どもの「やりたい!」をカタチにするプロジェクトとして、「初音ミクに会いたい!」企画を実施しました。5月15日、初音ミクのモバイルコンテンツやソフトウェア開発で知られるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社様にご協力いただき、初音ミクが作られるまでのプロセスなどについて、お話していただきました。スタッフの方々に和やかな雰囲気で気さくに話しかけていただいたことで、一人ひとりが今まで聞きたくても聞けなかった、「なぜ、初音ミク…

4月22日エルプラザの活動の後半で、カコタイムを実施しました。今回のテーマは、「テスト勉強講座」です。4月から中学校、高校に入学し、初めての試験に向けてどのように勉強したら良いのか分からず、不安に思う子どもが多くいます。そこで、メンバーのくっちーが自分がどのように勉強してきたのか、今までの経験を踏まえながらお話をしました。今回のカコタイムを通して、自分なりの勉強方法が見つかるきっかけとなればと思います。

スタサポ事業エルプラザ拠点にて、「カコタイム」を実施しました。 「カコタイム」とは、メンバーが自身の得意なことや好きなことについて子どもの前で発表し、子どもの関心を広げたり深めたりする企画です。スタサポ事業の中で、学習タイム後の時間を使って実施しています。 今回のカコタイムは、へるすたでぃ拠点で活動していたメンバーの梅ちゃんによる「営業職として働くこと」でした。 話の中で、営業職に言われがちな「ペコペコ謝ってるイメージ」「ノルマが大変そ…

ゆるきちにて、第1回カコタムラボ(IT×Science)企画を実施しました。 今回は「Raspberry Pi」(小型コンピュータ)を使用して、電子回路の組み立てとプログラミングに挑戦しました。 はじめは「よく分からない…」と回路の組み立てに苦戦していたA君は、徐々にコツをつかんでいき、後半には自分で組み立てられるようになっていました。B君も、皆で試行錯誤しているときに「これってここにつなぐんじゃないですか」と色々と提案してくれました。…

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP