認定NPO法人Kacotam > 学習支援事業実績

学習支援事業実績

  子どもたちの「自分が大事にされる居場所」を目指して2016年11月に札幌市東区に開設したゆるきちでは、スタサポ事業の拠点の1つとして、毎週金曜日に学習支援を行っています。   10月のとある日、中学生から高校生までの3人の子どもと、メンバーが一人ずつつき、一緒に学習することができました。 学校の宿題をもくもくと進めたり、数学の公式についてメンバーに訪ねたりする姿が見えました。 休憩時間の軽食タイムでは、おにぎりと…

  学習支援と併せて藤女子大学隈元ゼミの学生による食事提供を行っている、へるすたでぃ報告です。   1日土曜日。 9月はへるすたでぃ拠点から活動スタートです。 小学生3名、中学生3名が参加しました。 夏休みが終わり、小学生は各々の学習をし、中学生は定期テストに向けて学習をしています。 お菓子タイムでは、久しぶりに参加した小学生からダンスの様子を写真で見せてもらったり、中学3年生の子どもから道コン(模試)の結果をみせて…

8月より自立援助ホーム「シーズ南平岸」、児童心理治療施設「ここらぽ」にて活動を開始しました。 2つの施設ともに、大学受験に向けての学習支援です。 自立援助ホーム、児童心理治療施設における活動は初めてで、大学受験に向けての学習支援も学ボラ事業では初めての試みになります。 最近、社会的養護に関わる施設を中心に、学習支援の依頼を受けることが多くなっています。   <メンバー募集中> 現在、学ボラメンバーを募集しています!!自分の都合…

8月13、14日は「夏休みの宿題を終わらせよう!」をテーマに夏期講習を実施しました。   メンバーと一緒に、参考書を手に夏休みの宿題のプリントを埋めていったり、中間テストの勉強のためにワークをやり直したりしました。 学校から「答えを何も書かず、赤ペンで正答をただ書くだけではNG!」「調べて何かは書くように!」という指示もあり、「難しい〜!」と言いつつ子どもは頑張って探していました。 丸つけまでしっかり行い、全部とはいかないまで…

  子どもの人数が増え、活気があり、とても賑やかになってきました。 修学旅行をとても楽しみにしている子や、学校でのお友達についてお話してくれる子など、子どもたちはすっかり学校生活にも慣れてきたようです。 ある日のお菓子タイムでは、おつまみのようなお菓子が、なぜか大人気でした。  

  受験の天王山と言われる夏休み真っ盛りの11日。 全道規模で実施されている道立高校入試対策模擬試験「北海道学力コンクール(道コン)」をカコタムでも実施しました。 入試本番のように、「ただいまから第一部国語を始めます」「残り5分です」という声かけや、問題冊子・解答用紙が配布されてから解答開始までの謎の沈黙の数分も再現しました。 つかの間の休息のお昼休みには、直前にやった数学の問題を振り返っている子や、昼休み明けの社会に向けて教…

『こどもたちの学ぶ秘密基地』をテーマに苫小牧市内の高校生ボランティアと一緒に活動しているL-base。 6月は、修学旅行帰りの中学生や高校生のみなさんから、おみやげをいただきました。 みなさんのL-baseへの思い入れを改めて感じて、とてもうれしくなりました。 いただいたおみやげは、お菓子タイムで美味しくいただきました。 子どもたち同士でおみやげを渡しあったり、子どもたちからボランティアメンバーにおみやげを渡したり。 子どもたち同士、そ…

  高校入試対策学習会「受験カコタム」が6月17日より開始しました。 例年は、8月以降からの開催でしたが、子どものニーズを受け、例年より早い6月から開始することとしました。   第3回目となった7月15日は、子ども5名が参加しました。 子ども一人にメンバーが一人つき、それぞれの子どもの苦手を一緒に克服していきました。 中三生だけの空間、「受験に向けた学習会」という空間のせいか、休憩時間も忘れるほどに集中して取り組む姿…

  スタサポ事業最大の拠点エルプラザは、今年度も小学生から高校生まで学年の違う子ども達がたくさん参加しています。 5月の活動はゴールデンウィーク後からスタート。 高校生、特に高1は、数学がそろそろ難しくなってくる頃合いなのか……あちこちでややこしい因数分解や公式への悲鳴が聞こえてきました。   中学生たちはそろそろ受験生。 「受験がイヤ」「高校がよくわからない」という声がぽつぽつと聞こえてきていたので、この日はカコタ…

一軒家の多世代型地域子育てサロン「ねっこぼっこのいえ」をお借りして実施しており、手作りお菓子タイムもあってアットホームな環境で学習が展開されています。   4月開催のお菓子タイムでは、写真のイタチ?は、メスであるのか、オスであるのかについてお話していました。 「可愛いからメス!」、「この目はオスっぽい!」などと子ども達の意見が炸裂している中、8対7の接戦で「オス」という結果になりました。 ちなみに、中には「今はジェンダーの問題…

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP