認定NPO法人Kacotam > 視野が広がる環境づくり > カタチ化プロジェクト > 「ペンを訪ねて三千里」子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクト

2017/5/27

「ペンを訪ねて三千里」子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクト

5月27日に子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、「ペンを訪ねて三千里」企画を実施しました。
昨年度実施した「ジェットストリームは、なぜ書きやすいのか」に続き、今回はぺんてる株式会社様のご協力により「orenzはなぜ折れないのか」を中心にシャーペンの歴史や仕組み、新商品についてお話をしていただきました。

また、クレヨンとパステル、製図用のシャーペンと普通のシャーペンの違い、新商品の「orenznero」の裏話など、文房具好きにはたまらない時間となりました。


最後に入口にあるたくさんのサンプルを見て、中学2年生のA君が「orenzneroのデザインは、昔発売されたスマッシュをもとにしているんですか?」と聞いて、「本当によく知っているね。」と褒められていました。

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP