認定NPO法人Kacotam > ゆるきち事業実績 > 活動報告「中高生のオープンスペース ゆるきち」2019年1月~12月総括〔速報〕

2020/1/20

活動報告「中高生のオープンスペース ゆるきち」2019年1月~12月総括〔速報〕

1~3月は、日・火・金での定期開館を実施し、4月~12月は、定期開館日を火・金のみとし、長期休暇期間や連休を中心に特別開館を実施しました。

計133日開館し、延べ512名の利用がありました。


ゆるきちリーフレットのリニューアル(4月)、ゆるきちのWEBページのリニューアル(9月)、屋外掲示板の設置や、SNS(Twitter、Instagram、LINE)での情報発信、スタンプカード制度の開始(夏休み試行、11月~開始)など、少しでも多くの子にゆるきちの情報を届けられるように、継続的な利用がしやすくなるような取り組みを進めてきました。

少しずつですが、子ども自身がゆるきちをWEBで見つけて訪れてくれたり、すでに利用している子が友人を連れてきてくれたりと、少しずつ利用の輪が広がりを見せ始めています。

1階 リビング入り口近くのソファー脇は、なぜか立ち話が盛り
上がりがちな謎の空間です。


 
定期的に利用する子が増えたことで、今まではあまり多くなかった、学年や学校などの垣根を越えたつながりが子ども同士でできることも増えてきました。
 
一方で、運営面では、継続的に「ゆるきち」という場を提供するには、人・もの・資金がまだまだ必要十分とはいえません。多様な子どもの「やりたい」をカタチにしたり、いつでも立ち寄れるよりどころとして、あり続けられるようにするために、是非ご協力ください。

メンバーが集まって、次なる「やりたい」をカタチにする
作戦会議が催されることも。


 
  
(中高生のオープンスペース「ゆるきち」)
 「自分の考えや行動が大事にされ、思いや感情を表現できるゆるい空間」を提供しています。
 「お話をしたい」「一人で静かに過ごしたい」「何か楽しいことをしたい」「勉強したい」など、各々が自由に過ごしています。
 Kacotam(カコタム)は、ゆるきちを基点にして、新たな学びの機会につないだり、子どもの「やりたい」をカタチにしたりすることで、自己実現に向けて挑戦できる環境づくりに取り組んでいます。
 
 WEB: https://yurukichi.kacotam.com
 Twitter: https://twitter.com/yurukichi1 (@yurukichi1)
 Instagram:https://www.instagram.com/yurukichi1/ (yurukichi1)
 Amazon欲しいものリスト: https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3BVZVOVP3MHVT
 ボランティアスタッフになる: https://kacotam.com/member#member_join
 もの・お金で支援する: https://kacotam.com/contributi

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP