認定NPO法人Kacotam > 新着情報一覧

新着情報

  7月14、15日に「ゆるきちで日曜大工!」と題して、ゆるきちの物置に据え付ける屋外掲示板を作成しました。 中学生1名、高校生3名が掲示板作りに参加しました。 木材の切り出し、釘でのくみ上げ、塗装、物置への据え付けを子どもとメンバーが協力しながら、作業を進めていきました。   「ぴったりに切れたー!」 「あれ、ちょっとゆがんだ…」 「あー、斜めってるよ」 「塗りむらもアートだね」 「●●さんの方を少し上に上げて」 …

  高校生1年生のA君から「調理の専門学校で体験入学してみたい」という声を受けて、札幌ベルエポック製菓調理専門学校に体験入学をしてきました。 最初に、校舎案内と学科説明を受け、調理師専門学校がどのような場所なのか、肌で感じることができたようでした。 後半には、実際にプロを技をみて、メモを取るなどしながら、自らの手で料理を作る体験しました。 体験入学を終えた後、A君が「今度は違うメニューの時も行ってみたい。」「体験入学に行く前よ…

毎年夏休みにKacotam、手稲さと川探検隊、FRSコーポレーションが協力して、学習支援で関わるひとり親家庭や生活保護世帯の子ども、母子生活支援施設の子どもを対象に自然体験学習を実施しています。子どもの経済的負担を無くし、継続的に充実した自然体験学習にするための賛助サポーターを募ります。集まった寄付金は、交通費やバーベキューの食材代等に充てさせていただきます。※本寄付金は、寄付金控除の対象となります。

  恵庭市で子どもと高齢者の居場所づくりをしている「陽だまりの家」の古山明美さんを講師に迎え、ソーシャルワークについて学ぶ内部研修会を6月29日エルプラザにて実施しました。 研修は全5回を予定しており、ソーシャルワークの基本、アセスメント(子どもの観察や状況把握)、事例検討、地域アセスメント、地域連携について、アンガーマネジメントなどをテーマとして扱って頂きます。 今回は、古山さんのこれまでの経歴とその中で感じてきた問題意識な…

  6月15日のエルプラザ拠点の活動では、KDDI北海道総支社さまより「5Gにより実現する世界、ワクワク体験」と題して講演いただきました。 冒頭で「5Gという言葉は知っていますか」という問いかけに約3分の1くらいの子どもが手を上げていました。 5Gとは次世代の通信のことで、超高速、超大容量、超大量接続、超低遅延を特徴としていて、機械の遠隔操縦や自動運転、新しい形のスポーツ観戦など、様々な技術革新が起こると説明がありました。 子…

  6月18日に江別市「かとちゃん家」拠点での活動がついにスタートしました。 小学生2名、高校生1名の計3名が参加しました。   小学生Aちゃん、Bちゃんは学校の宿題に取り組んだり、ポケモンや最近出没しているクマについて話したりしました。 高校生のCちゃんは、以前札幌市内の複数拠点に参加していました。 そのときから江別市で活動することを望んでいたので、喜んでくれていました。 今回は簿記の資格に向けて学習しました。 &…

【メディア掲載情報】 6月15日発売の財界さっぽろ142~143ページに、高橋代表のインタビュー記事が掲載されました。

2018年11月~2019年4月末まで募集していました書き損じハガキ・未使用切手等は、合計93,934円となりました。 皆さまご協力いただきありがとうございました。 今回集まった資金は、クリスマス会や一年間お疲れ様会などに活用させていただきます。 これらの募集は毎年11月頃から行っています。 今後ともよろしくお願いします。

JAMMINとのコラボTシャツの販売を終了しました。 皆さまのご協力により、チャリティー金額は128,900円(シェアによる募金も含む)となり、目標金額を超えた金額が集まりました。 ご協力いただき、ありがとうございました。 今回集まった寄付は、子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトに活用させていただきます。 過去に実施した企画は下記からご覧になれます。 https://kacotam.com/category/news_kata…

6/8、6/9に北海道大学の学生を中心としたボランティアメンバーとKacotamを利用する子どもとで「北大祭」を巡るツアーを行いました。 二日間合わせて、小学2年生から高校1年生までの計11名の子どもが参加しました。 子どもは北大祭の中で行われた様々なイベントに参加し、肺がんの組織切片や微生物の顕微鏡観察や鉱物の観察や、お医者さん体験をしました。 小学生のAさんは文鳥を手に乗せようと手をかごの中に入れていました。 文鳥を怖がらせないよう…

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP