認定NPO法人Kacotam > 視野が広がる環境づくり > カタチ化プロジェクト

カタチ化プロジェクト

中高生のオープンスペースゆるきちにて、「GWにやった1日勉強合宿をまたやりたい」という子どもの声を受けて、ゆるきち秋の勉強会を開催しました。  子ども3名、メンバー7名(内2名はZoomでのオンライン)が参加し、主に自習形式で各々が学習に取り組みました。  数学検定にむけた勉強をする子、簿記検定に向けて勉強する子、入試に向けて勉強する子、国家試験や就職試験に向けて勉強するメンバーなどなど、それぞれがそれぞれの学習に取り組みました。  基…

中高生のオープンスペースゆるきちにて、「夏だし、スイカ割りがしたい!」という子どもの声を受けて、夏の終わりが見えてきた8月末に スイカ割り を行いました。  ゆるきちのリビングのものを片付け、ビニールシートや段ボールを敷いて、リビングは、臨時のスイカ割り会場になりました。  スイカ割りらしい長い棒がなく、室内だったこともあり、短いすりこぎ棒など代替のもので挑戦! 「みぎ、みぎ、みぎー!あー、もうすこし左」  「いや、まえ、まえ、まえ」「…

高校生Aくんからの「いっぱい卓球をしたい!」という声を受けて、子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクト「卓球をしよう」を実施しました。 感染対策に気を使いながらの実施となったため、子ども1人、メンバー2人という少人数での実施となりましたが、13時から17時まで心ゆくまで卓球を楽しみました。 初めは軽い打ち合いを主に行っていましたが、企画が進むにつれて元卓球部のメンバーに話を聞きながら、いろいろなプレイの仕方を試し、楽しそうに卓球を…

スタサポで関わる小学生のAさんから「お母さんのために飾りをつけたクッキーをつくりたい」という声を受けて、子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、アイシングクッキーに挑戦しました。 最初どのようなクッキーを作りたいのかをホワイトボードに描きながら、使う色やデザインを考え、色づくりから開始。 思っていた以上に色づくりに苦戦しましたが、必要な色をそろえて、デコレーション用のクッキーにイメージしていたものを落とし込んでいきました。…

「自転車で遠出したい!」というA君(高校生)の声を受けて、中高生のオープンスペースゆるきち から ノースサファリサッポロへの 往復70kmほどのコースを走りました。  今回は、子ども(ロードバイク)1名、メンバー(クロスバイク・ロードバイク)3名の少人数で挑みました。 当日は風が強く、特に豊平川河川敷では逆風でしたが、風にも負けずA君は先頭でぐんぐん進んで行きました。  A君とは、体験カコタム「自転車ではまなすの丘公園へ行こう」を始まり…

アイスを製造する機械に関心を持っていた小学2年生のA君、Bさんから「アイスを作りたい」という声を受けて、4月6日のあすかの森拠点の学習前に、アイスづくりを行いました。 袋の中に牛乳や氷などを入れて、10分くらいみんなで振り続けて、アイスを完成させました。Bさんはお家から様々なトッピングを持ってきて、飾りつけをしていました。 その後の学習タイムでは、いつもよりも静かで皆集中して学習に取り組んでいました。

「簡単な本棚とかは作ったことあるけど、ローテーブルを作ってみたい」という声があり、木工家具づくり(ローテーブルづくり)を行いました。  スタサポの休憩時間や課題が終わったあとの時間で、設計図を書き、ゆるきちで木材の切り出しから組み立てまで計4回(合計24時間ほど)をかけてつくり上げていきました。  思ったように同じ長さにそろわなかったり、足と天板の連結用の金具がまっすぐ刺さらなかったり、まっすぐになったはずがすごく斜めだったり、微妙に厚…

ゴールデンウィークにゆるきちで勉強合宿をやりたい」という子の声を受け、「ゆるきちGW勉強会」を実施しました。  新型コロナウイルス感染症の流行状況もあり、宿泊を伴う形式での実施はできませんでしたが、「勉強合宿をやりたい」という子どもの声をうけた4月27日から猛スピードで準備をして、5月3日に開催しました。  参加した子は、声を上げた子1名のみでしたが、メンバー4名(一人はオンライン会議ツールでの遠隔参加)と一緒に、自分で立てた時間割通り…

スタサポを利用する小学6年生のAさんから「タプタプスライムをつくりたい」という声を受けて、タプタプスライムづくりに挑戦しました。 同日開催したカタチ化「フルーツ飴を作りたい」で、飴を固めている間に作りました。 購入した材料を混ぜながら途中で「全然固まらないね」「何か足りないのかな」となり、材料を確認すると、1つ足りないことが判明。 急遽途中で買いに行きました。 動画通りに混ぜてみたり、「ほう砂水をもっと入れてみる」と言って自分なりに割合…

スタサポを利用する小学生のAさんから「フルーツ飴を作って食べてる音を録りたい」という声を受けて、挑戦しました。 材料のフルーツや調理するうえでの消耗品など、完成品をイメージしながら、買い物→フルーツのカット→飴をかける→冷やすまでの工程すべて、積極的に取り組んでいました。 「もう少しドロドロになるまで、温めて」とメンバーに指示する場面も。 冷蔵庫で冷やした後、食べている音を録ってみました。 背景の冷蔵庫の音が想定していたよりも大きく、思…

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP