認定NPO法人Kacotam > 視野が広がる環境づくり > カタチ化プロジェクト

カタチ化プロジェクト

  子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、9月24日に「星空☆大撮影会」を実施しました。 「写真を撮ることが好き」、「星が好き」という声があったことから、様々な国々で星の撮影をされているてつやさんに来ていただきました。     今までに撮影した月や惑星の解説、星の撮り方をレクチャーしていただきました。 当日はあいにくの曇りでしたが、ときどき姿を現す月を撮りに、ゆるきち近くの公園に行きました。…

  9月23日に札幌ビューティーアート専門学校にご協力いただき、メイク体験をしました。 メイクが好きな高校生のAさんと訪問し、プロから1対1で「立体小顔メイク」を教わりました。 メイク実習室に入ったときにたくさんの化粧品にAさんは興奮し、どれにしようか迷いながら、メイクに使用する化粧品を選んでいました。     「まゆから、鼻筋にかけていれると良いね」と実際に化粧をしながら教わり、普段使わない道具に苦戦しな…

  9月22日子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、身近なところにいる微生物を光学顕微鏡で観察する企画を行いました。 スタサポ事業で関わっている中学1年生のA君と進路の話をしていくなかで、「微生物の勉強がしたい」という声があったことから、興味の方向性や微生物をどのような視点から勉強していきたいのかを考えるきっかけとして今回実施しました。 最初は使い慣れない顕微鏡に悪戦苦闘していましたが、30分ぐらい触った後は、…

7月22日(日)子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、「北海道大学総合博物館へ行こう」企画を実施しました。 子ども8名、保護者2名、メンバー12名が参加しました。 館内を見てまわるだけではなく、展示解説ボランティアの方から、博物館の歴史や収蔵資料の概要、古生物展示室の展示についての解説もしていただきました。 子どもはワークシートに驚きや発見をメモしながら、解説を食い入るように聞いていました。   ワークシートの…

7月23日に美香保公園で「星を見よう企画」を実施しました。 今回のイベントは、スタサポ事業で関わっている子どもたちのなかで「宇宙に興味がある」という声があり、興味を深めたり、新たな興味を発見するきっかけづくりとして、青少年科学館の移動天文車に来ていただき、みんなで星を見ることを企画しました。 各事業で関わっている子ども12名、ゆるきち近くに住んでいる子ども4名が参加しました。 普段触れることができない大きい望遠鏡で、教科書で見たことがあ…

5月27日に子どもの「やりたい」をカタチにするプロジェクトとして、「ペンを訪ねて三千里」企画を実施しました。 昨年度実施した「ジェットストリームは、なぜ書きやすいのか」に続き、今回はぺんてる株式会社様のご協力により「orenzはなぜ折れないのか」を中心にシャーペンの歴史や仕組み、新商品についてお話をしていただきました。 また、クレヨンとパステル、製図用のシャーペンと普通のシャーペンの違い、新商品の「orenznero」の裏話など、文房具…

今年初めての子どもの「やりたい!」をカタチにするプロジェクトとして、「初音ミクに会いたい!」企画を実施しました。5月15日、初音ミクのモバイルコンテンツやソフトウェア開発で知られるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社様にご協力いただき、初音ミクが作られるまでのプロセスなどについて、お話していただきました。スタッフの方々に和やかな雰囲気で気さくに話しかけていただいたことで、一人ひとりが今まで聞きたくても聞けなかった、「なぜ、初音ミク…

© 2012 認定NPO法人Kacotam


TOP